福岡県宗像市にある脳神経外科と整形外科の蜂須賀病院 [ 24時間救急指定病院 ]

蜂須賀病院総合案内(0940)36-3636

交通アクセスはこちら

画像診断

  1. (1)意識のない患者さんを安全に検査するにはどうすべきか?
  2. (2)骨折や神経痛で動かない、動かせない体や手足を、どうしたら正確に検査が出来るか?
  3. (3)そして高度な最新の診断と治療に、私達がどの様に貢献出来るか?

一瞬の"気のゆるみ"が事故につながります。緊張感のある仕事場を作っていきたいと思っています。
(365日、24時間体制で緊急に備え、待機しています。)

主な検査および装置

X線CT検査

X線を用いたコンピュータ断層撮影(Computed Tomography)で、人体を透過してきたX線を処理することにより、輪切りの画像を作成します。また輪切りの画像を元にして3次元の立体画像も作成できます。

X線CT診断装置

X線CT診断装置

脳腫瘍(髄膜腫)

脳腫瘍(髄膜腫)

血管造影検査

股の付け根、肘または手首を走っている血管内にカテーテルと呼ばれる細い管を入れて、目的の部位まで進めます。そこで造影剤を注入して病変部の血管を映しだして、診断や治療を行う検査です。最近では、この方法を治療の手段として用いることも多くなっています。またDSA(Digital Subtraction Angiography)という画像処理を行うことによって、血管だけの像を作成できます。

DSA装置

DSA装置

脳腫瘍(松果体腫瘍)

脳腫瘍(松果体腫瘍)

MRI検査

MRI(Magnetic Resonance Imaging)検査は放射線を用いず、磁気の力で体の断層像を得る検査です。当院では、閉所恐怖症の方や小さなお子様にも優しい0.4T オープン形MRIと、より高精細な画像が得られる1.5T MRIの2台が用意してあります。

OPEN形MRI

OPEN形MRI

1.5T MRI

腰椎(椎間板ヘルニア)

術中ナビゲーション支援

脊椎固定術において椎弓根スクリューのサイズの決定、刺入ポイントや角度のプランニング等の術前計画が可能です。専用の手術器具をナビゲーションすることで、術前計画とリアルタイムで照合が可能になります。

手術支援ナビゲーションシステム

手術支援
ナビゲーションシステム

骨塩定量

2種類のエネルギーの異なるX線を使用し、骨の密度を測定する検査です。
測定対象部位は、より骨折の多い腰椎、大腿骨近位部です。
当院の骨密度装置はDXA法で測定し、約5分で測定できるのでより早く正確に測定できます。

骨塩定量

骨塩定量

ページ上部へ戻る