職員募集サイト

肩疾患

肩治療について

蜂須賀病院 院長/寺戸
蜂須賀病院 院長/寺戸

今まで五十肩として簡単に片付けられていた頑固な肩痛も、実際は軟骨が壊れていたり、靭帯や腱が切れていたりすることがよくあり、一般の整形外科医も診断に苦慮することが少なくありません。夜、腕の置き場がない程痛んで熟睡出来ない時は、肩専門の医師に相談した方が良いでしょう。

肩に関しては、まだ歴史が浅く、全国的に専門とする医師が多くはありませんが、当院ではこの肩関節の治療に関しても、ここ数年来、手術的治療も含めて数数多くの症例を経験しており、今後もこの地域での肩疾患の要(かなめ)の病院としての役割を果たしていきたいと思っています。

肩治療の流れ

  • 診 察

  • 保存療法(内服、リハビリ)

  • 手 術(症状が進行している場合)

  • 術後のリハビリ

Step 1

診察

肩に痛みや動かし難さがあるからといって、必ず手術が必要というわけではありません。
まずは診察により原因を究明し、年齢や生活習慣、利き手か否か、などを総合的に判断し、治療方針を決めていきましょう。

Step 2

保存療法

保存療法には定期的な診察を行いながら内服や注射による痛みのコントロールと外来でのリハビリテーションによる機能改善があります。外来でのリハビリテーションでは硬くなった筋肉のストレッチや自宅での生活動作指導、自主練習指導を行います。

Step 3

手術

症状が進行している場合、保存療法で効果を認めない場合は手術による治療が必要となります。

Step 4

術後のリハビリテーション

術後は主治医の指示の元、早期より可動域訓練を行います。当院では出来るだけ痛みがないように訓練を開始していきます。

当院で多い手術例

「肩の腱板断裂」

腱板断裂とは?

腱板の退行変性を基盤として、さまざまな程度の外傷が加わって生じることが多いです。棘上筋腱の断裂が最も多いですが、棘上筋腱の付着部近くは血流に乏しく損傷の自然修復はあまり期待できません。

腱板断裂とは?

診察、検査

単純X線では肩峰骨頭間距離の狭小化や骨棘形成が見られます。

単純X線では肩峰骨頭間距離の狭小化や骨棘形成が見られます。

MRIが最も高い診断率を誇る画像検査です。

MRIが最も高い診断率を誇る画像検査です。

手術方法(腱板修復術)

断裂部は時間が経って変性していることが多く、手術の際にはその部分を切除し健常部を引き寄せて縫合します。断裂が大きく腱板の欠損が広範囲にみられる場合には、まれに太ももの筋膜を移植する手術が必要になる事があります。

入院期間

術後の経過にもよりますが、おおよそ入院期間は2か月程度です。

術後のリハビリ

当院では腱板断裂の術後に外転装具を装着して頂いております。
この装具は手術して縫合した腱板の筋肉に負荷がかからないようにするための装具です。装着期間は6週間になります。

術後のリハビリ

退院後も外来でのリハビリテーションで
必要があればリハビリを継続します。

リハビリチーム

肩のリハビリテーションチーム

蜂須賀病院には肩専門のリハビリテーションチームがあります。
主治医の指示のもと、保存療法での外来リハビリテーションや自主練習指導、手術後のリハビリテーションを行っています。専門性を高める為、医師と共に肩関節研究会への参加や院内での勉強会を開催し日々、知識や技術の向上に取り組んでいます。

肩のリハビリテーションチーム

PAGE TOP